1. >
  2. >
  3. 神奈川県の指定難病医療費助成制度とは

神奈川県の指定難病医療費助成制度とは

指定難病医療費助成制度とは

難病法というものが始まり、難病患者への医療費助成制度が新たなものになっています。
難病というのは原因がわからず治療法がまだ明確に確立されていないものです。
こういった病気にかかってしまうと長期間の療養が必要となり、患者は医療費を自己負担するとなるとかなりの金額を請求されることになってしまいます。

そこで、今までは56の病気が難病に対して治療法の研究を進めるために国が治療費を助成する特定疾患治療研究事業というものを進めていました。
しかし、このような長期療養が必要な疾患というのは56種類ではなくもっとたくさんあります。
助成対象でない難病で苦しんでいる人も多く、そういった人はかなりの負担を強いられてきたのです。

そこで、指定難病として医療費補助を受けることのできる疾患を増やし今では306の疾患が女性を受けることが可能です。
医療費の自己負担が低くなり便利なものですが、規定も細かくあるのできちんと確認したうえで助成金申請が必要です。

横浜市の指定難病医療費助成制度

横浜市でも法律に基づいてきちんと申請をすれば指定難病の医療費助成制度が受けられます。
新規で申請をする場合には、指定難病に該当しており言って胃の基準を満たしていることが必要です。

まずは難病が一定の症状があることが必要です。
難病法で定められたポイント制で症状によってポイントが決まり一定のポイントがないと医療費の補助が受けられないのです。
ただし、高額な医療費がかかる治療が継続的に必要な場合には軽症者の特例があり審査を受けることが必要なので神奈川県の窓口での確認をします。

次に、神奈川県民であることも条件です。
指定難病の患者が18歳未満の場合には、患者の保護者が神奈川県内に居住していることが条件になります。
最後に国民健康保険、組合健康保険、公的医療保険に加入しているか生活保護受給者であることが条件です。

以上の条件に該当したら書類を提出して申請をします。
書類は神奈川県のホームページで一通りダウンロードできるので自分でプリントアウトして提出して記載をします。
それ以外にも公的医療保険の被保険証のコピーや住民票の写しなどが必要であり、それぞれの書類に細かな注意事項があるのできちんと説明を読み必要書類を準備することが重要です。

すべての書類を保険証が受理した日から有効期間が始まるので不備があると受理日が遅くなり支給認定が受けられるまでが遅くなってしまいます。
何度も保健所に足を運ぶのも手間がかかってしまいますから一度できちんと書類がそろうよう指定難病のしおりを読んで必要書類の確認と記載方法を間違えないように記載するようにしましょう。