1. >
  2. >
  3. 神奈川県の就職支援制度とは

神奈川県の就職支援制度とは

神奈川で働きたい

神奈川は住みやすく生活環境が整っているためとても人気です。
他の県から移住してくる人も多いですし、進学や就職で神奈川に住んで気に入ってそのまま定住するという人も多くいます。

生活をしている中で、女性であれば妊娠・出産・育児のために一度仕事を離れることもありますし、定年後のシニアがまだまだ元気でもっと働きたいと思うこともありますし、持っている資格を生かして専門的な仕事をしたいと思うこともあります。
そういったとき、神奈川に住んでいれば神奈川県の就労支援を受けることが可能です。

一般的に仕事を探すためには求人情報を見て自分で仕事を探すものだともおっている人も多くなります。
しかし、せっかく神奈川県が運営している仕組みがあるならば活用しなければ損ですし、より自分の望んでいる仕事を見つけられる可能性も高まるのです。
そこで、ここでは神奈川県としてどのような雇用や就職の支援を行っているのかを紹介していきます。

保育士として働く

全国的に保育士は人手不足であり仕事のニーズがあります。
神奈川は待機児童がゼロとなったというニュースもありましたが、それに伴い多くの人が子供を預けるようになったり他の地域から流入してきたりしており、また保育士不足が問題となっている状況です。
そのため保育士の求人はかなり増えています。
詳しくは下記サイトもご覧ください。

神奈川県の保育士・幼稚園教諭の求人【保育士求人ナビ】

求人情報を探すと保育士の求人情報がかなり多く出てきますが、せっかくならば少しでも効率よく、そしてより良い条件の職場を探したいものです。

神奈川県の就業支援の取り組み

若者が終了したい場合や中高年が就労したいという場合に支援をしてくれるのが神奈川県産業労働局労働部雇用対策課です。
若い人への就労支援というのは学生や既卒の人達、39歳までで就職先を探している人たちに対しての支援をするサービスになります。

キャリアカウンセリングを行って適性のある仕事を見つけるためのアドバイスをしてくれたり応募書類の添削や面接練習をしてくれることもありますし、グループワークを実施したり、採用担当者との交流機会も行っています。
職業訓練を受けるための説明会もあり、職業訓練に通ったり福祉関連の資格を取得したりすることを志望する人のための対策も行っておりかなりさまざまな有益な情報が得られる場所です。

シニア向けにも職場の情報提供やセミナーを開催しておりシニアが働ける現場を紹介したり自己実現ができるようにサポートをしています。
積極的に利用することで自分で就職活動をするよりも自分に合った仕事を見つけられる可能性も高いのでぜひ利用したいサービスです。