1. >
  2. >
  3. 神奈川県の中小企業制度融資制度とは

神奈川県の中小企業制度融資制度とは

制度融資とは

制度融資とは、都道府県や市区町村などの地方自治体が個人事業主や中小企業のサポートをすることを目的としている融資制度のことです。
基本的には窓口が商工会や商工会議所となります。
自治体から預かる委託金を用いて銀行や信用金庫といった金融機関が融資を行う流れです。

融資は信用保証協会という各都道府県に1つある公的機関が保証をすることで成立します。
制度融資は信用保証協会付き融資とも言われることもあります。
保証料がかかるものの公的融資なので金利も定額で固定なので事業融資の条件はとても良いものです。

融資を受けられるのは自治体が管轄している地区に住む住民や企業が対象です。
それぞれの自治体が融資制度を設けているのですが、融資の内容や条件は自治体ことに異なっています。
そこで、まずは最寄りの商工会議所で相談をしてみるか、インターネットを利用して自治体のページを見て制度融資の内容を確認することで比較検討することが望ましいです。

制度融資のメリットとデメリット

制度融資のメリットはやはり金利が低いことです。
そして自治体によっては金利を一部負担してくれるのでさらに融資を受けるメリットがあります。
固定金利で長期返済が基本となっているのでゆとりをもって返済ができ企業としてゆとりがあります。

デメリットとしては自治体と銀行の二段階での審査であるために融資までに時間がかかることです。
他にも自治体によっては資料作成や書類作成が面倒です。
税金滞納や民間金融機関からの借金があればもちろん融資は受けられません。

神奈川県中小企業融資制度

神奈川県でも中小企業向けに制度融資が行われています。
神奈川県、金融機関、神奈川県信用保証協会の三社で協調して中小企業向けに県内で行われる事業活動に必要な資金を支援する制度として運営がされているものです。
県が貸付原資の一部を負担することで低金利での融資を実現するとともに、中小企業の事業主が神奈川県信用保証協会に支払っている保証料の一部を県が補助することで負担の軽減をしています。

利用するにあたっては神奈川県中小企業融資制度についてのホームページを見れば一通りの情報は知ることができます。
必要書類が何かといったことや具体的な補助制度、融資のメニューといったものを見ることができるので自分たちが融資を受けるのかどうかを確認できますし、準備も進めやすいです。

また、融資を受けるにあたって不安なことや不明点もあるものです。
そういったときには神奈川県産業振興センターや神奈川県金融課、神奈川県信用保証協会といったところが相談に乗ってくれるので電話での相談をしたり訪問しての相談をしたりすることができます。