1. >
  2. >
  3. 「横浜市」の歴史、文化まとめ

「横浜市」の歴史、文化まとめ

開港から150年を迎える港町、横浜

横浜は開港以来長く多くの人が住んでいる人口密集地です。
もともと東海道の宿場町として栄え、横浜村として半農半漁の村として栄えてきました。
そこに、日米和親条約が締結され、その後日米修好通商条約が締結されたことにより神奈川が開校しました。

神奈川が開校すると大くの外国人が訪れ、横浜を世界最先端の技術や思想のある場所となるよう多くの技術者や貿易商が発展するようにと努めました。
これによって横浜はどんどんと大きく成長し、横浜市民の勢いや開放性が芽生えていき今の横浜文化が発展してきたのです。

横浜の食文化

横浜の文化として外せないのが食文化です。
食文化は日本にたくさんの外国人が入ってきたことで独自の文化が栄えます。

横浜市民がソウルフードとして今でも大好きなものの一つとして崎陽軒のシウマイがあります。
崎陽軒は横浜駅や新横浜駅をはじめいろいろな場所で購入でき、旅行のお供として愛用する人も多いです。

工場見学が無料にできるため、見学に行く人も多いです。
ちなみにシュウマイではなくシウマイであり、間違えると怒られます。

サンマーメンも近年有名になっている横浜グルメです。
生馬麺と書いてサンマーメンと読むのですが平たく言えばあんかけラーメンです。
最近では中華街だけでなくいろいろな場所で食べることのできるラーメンで一度は食べたいメニューでもあります。

ラーメンといえば「家系ラーメン」といわれるとんこつ醤油のラーメンも流行しています。
いろいろな店舗が家系ラーメンとして流行しており多くのお店が流行しており人気です。

横浜の建造物

横浜はデートで訪れたい人気のスポットも多くあります。
特に横浜の発展した場所であるみなとみらい地区はとても多くの人が集まる観光スポットでありデートスポットです。

貿易の際に使われた赤レンガ倉庫は当時の最高レベルの建築を施しており、今でもおしゃれな避雷針や建築物のハイレベルな設計についてもとても興味深いです。
多くの宣教師たちが住んでいた港の見える丘公園界隈や外人墓地、本牧ふ頭など観光名所であり訪れると昔ながらの風情を感じられる場所も多くあります。
元町エリアは昔からの横浜文化の発信地であり今でも多くの観光客が訪れており横浜発祥のブランドを楽しんでいます。

横浜のおしゃれで格調高い雰囲気というのは文明開化とともに歴史的にも文化的にも成長しようと外国からの商人や技術者たちと多くのものを作り上げてきたことによって生み出されたものです。
今でもそういった横浜イズムを持っている人たちが新たな創造物を作っており、横浜発祥のブランドがどんどんと誕生しています。