1. >
  2. >
  3. 「川崎市」の歴史、文化まとめ

「川崎市」の歴史、文化まとめ

川崎の歴史

川崎が歴史的な文献で最初に登場するのは日本書紀です。
実は川崎はとても歴史のある地域なのです。
川崎がこのように歴史ある場所となっているのは土地が良かったことが背景としてうかがえます。

歴史の教科書で名前が出てくるのは昭和初期の戦争のためにたくさんの軍需品を製造するために金属機械機器や化学工業といったものをどんどんと製造したことにあります。
これが京浜工業地帯が産まれた歴史であり、石油コンビナートのあるとても大きな工業地帯へと発展するきっかけとなったのです。

歴史がある街であることは工業地帯であることだけでなく、長く歴史のある厄除大使である川崎大師があることからもうかがえます。
正月の初詣参拝者は300慢人もいると言われており、節分までには多くの人が厄除けのために訪れています。
毎月の縁日や5月の新能、7月の風鈴市は有名行事であり全国的に多くの人が訪れる行事です。

参道で売られている名物のくずもち(久寿餠)やカラフルな達磨、大根飴も有名であり多くの人たちが参拝時にはお土産として購入をしています。
歴史のある川崎は工業としての街だけでなくこういった文化も生み出してきているのです。

自然豊かな川崎市

川崎市というと工業地帯をイメージする人も多いですが、実はとても自然の豊かな環境です。
東京のベッドタウンとして急激な宅地開発と人口増加があり、東京に隣接する立地を利用して工業都市として発展してきて今のような成長を遂げています。

生田緑地やとどろき緑地といった場所は工業都市とは思えないくらい自然が多く残っており手つかずの豊富な自然があります。
四季折々の景色が楽しめ、子育て世代にとってはとてもありがたい環境です。
もちろん地元住民も、都会の喧騒を忘れてゆっくりと過ごせる市民にとっての憩いの場があります。

多摩川も以前は工業廃水によってかなり汚染をされました。
しかし、しっかりと水質汚濁の改善を図ったことで今では美しくなりたくさんの動物が戻ってきています。工業地域とは思えないくらい自然が豊かな環境も持っているのは川崎の魅力です。

川崎の文化

川崎は最近では音楽のまち・かわさき事業を進めています。
川崎が音楽と文化の香りの漂う街にするということで音楽の街になるべく大きな市民ホールも作り積極的に多くのアーティストを招いて演奏会を実施しています。

他にも美術館や市民ミュージアムといった施設も融資いており文化の発展をするために積極的です。
豊かな人間性をはぐくみ子供たちが健やかに育つようにと願って進められている事業ですが、大人にとってももちろん心豊かになれる時間ですし癒しとなる場所でもあり多くの人が利用している施設でもあります。