1. >
  2. >
  3. 名物どんぶり「しらす丼」新鮮なシラスを味わえる!

名物どんぶり「しらす丼」新鮮なシラスを味わえる!

江の島の名物シラス丼

江の島では今、シラス丼が名物となっており人気を集めています。
ご当地グルメがブームとなっており、シラス丼は江の島での食事として多くの人が楽しみにしています。
参考はこちら:旬はいつ?江ノ島で味わう「生しらす丼」おすすめ11選 | icotto[イコット]

あまり知られていませんが片瀬江ノ島ではシラスがとても多く上がっており、シラス丼を食べることができます。
漁獲量が多い時期が限られており、1月から3月はアユの稚魚を保護するために禁漁されているため生シラスが食べられないです。
そこで生シラスを食べるためには4月から5月、7月、10月をねらい目として訪れるのがおすすめです。

特に10月は出荷回数も多いのでたくさんシラスが食べられる時期でもあります。
せっかくならばおいしくて新鮮なシラスを楽しみたいですからこの時期に訪れるのがおすすめです。

生シラス丼は全国的に食べられる

あまり知られていないかもしれないですが、生シラス丼は全国的に食べることはできます。
しかし、湘南地域というのは日本でもかなり代表的なシラスの水揚げ地です。

観光地でもありながら、なかなか江の島は名物となる食べ物がない地域でもありました。
そこで、江の島や鎌倉の観光を楽しんだ際に楽しむ名物として最近ではシラス丼を提供するお店が増えており、多くの人が楽しんでいます。

漁場が近くにあるため江の島の飲食店でシラスを提供しているお店の多くはその日揚がったシラスが提供されています。
新鮮なシラスだからこそ生臭くなく美味しく絶品です。

シラス丼はいつでも食べられるわけではない

シラスは禁漁期間があり、毎年湘南地区では1月から3月は食べられないです。
これはこの時期にシラスを収穫しようとするとシラスの中にアユの稚魚が入ってしまうことが理由です。
アユの稚魚は保護することになっており、アユとシラスの選別をすることがなかなかできないので、禁漁としています。

ただ、湘南地方は旬が年に3回あります。
そのためシラスを美味しく食べられるシーズンが多いです。

シラスのシーズンとしては春が旬であると言われています。
しかし、秋のシラスは少し身が大きくなっておりこちらも美味しくて好みだという人も多いです。
どちらのシーズンも食べて味を比べ好みはどちらか吟味して楽しむのもおすすめです。

江の島の生シラス丼のおみせを楽しむ

江の島のシラス丼のお店はいくつかあります。
その中でも昔ながらの雰囲気のお店で楽しみたい人におすすめなのが「きむら」です。
磯料理もあり、ハマグリやサザエを焼いたものも一緒に楽しめます。

地元の江の島ビールと一緒に字魚を楽しみたい場合には「池田丸」がおすすめです。
シラス丼はもちろんですが地元の魚を使った海鮮丼もあります。
お店は人気で混み合っていますがどんぶりのみを食べるという人向けの咳があるおかげで回転率も高いです。